「ビットコイン生みの親」とされる人物が約1兆円の支払いを求める訴訟を起こされる フロリダ州裁判所

仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」の生みの親「サトシ・ナカモト」の正体であると主張するクレイグ・ライト(Craig Steven Wright)氏が、1兆円相当支払いを求める訴訟で訴えられました。

続きはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL