イーサリアムをマイニングし、シリア内戦の被害に苦しむ子供たちを支援しようと!

ユニセフ傘下のベンチャーキャピタルがこの試みを始動させた。

ユニセフは利益率が高いイーサリアムをパワフルなマシンを用いた場合、一日あたり2ドルから3ドルの資金をユニセフの仮想通貨ウォレットに寄付することも可能だという!!

ユニセフはマイニング経験を持たない人でも手軽にイーサリアムをマイニングできるツールを提供している。

2月から始動したこのプロジェクトには、世界から800名以上が参加し、既に3400ユーロ(約45万円)を超える資金を稼ぎ出している。ユニセフ・ゲームチェンジャーズは3月31日までの期間限定プロジェクトのため、興味のある人は早めに参加したほうがよさそうだ。

仮想通貨に関してはネガティブなニュースも多いが、このような人道的試みにコインのマイニングが使用されるのは画期的ニュースといえる。ユニセフは今年1月、ブロックチェーン関連の新興企業に向けた投資を検討中であるというニュースも報じられていた。

https://forbesjapan.com/articles/detail/19807

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL