【コインチェック不正流出】 コインチェック社「持ってないコインを消費者に売る」商法と顛末(山本一郎)

1: ■忍法帖【Lv=17,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb
 先日、コインチェック社についての記事を書いたところ、一番槍だったようでその後騒ぎになり、そのまま関東財務局から
立ち入り検査も示唆する業務改善命令の行政処分が出されました。
金融庁も記者会見を行い、問題の収束に向けての情報収集を進めているようです。

ビットコイン取引所「コインチェック」で620億円以上が不正に引き出される被害が発生(追記あり)(ヤフーニュース山本一郎 18/1/26)

コインチェック株式会社に対する行政処分(関東財務局 18/1/30)

 また、警視庁もサイバー課が中心となってコインチェック社に対して任意での事情聴取を行ったとのことで、
現在は情報収集を進めている段階です。

 この事件の全容を知る鍵は、今回流出させた580億円相当(時価)と見られる暗号通貨「NEM」の流出を起こした
コインチェック社の成長の仕組みです。

NEM/XEMについては、技術的な統括その他を行うコミュニティがNEM.io財団(以下、NEM財団)として構築され、
このコインチェック社も大口のNEMを保有する、いわゆるホイール(特定の暗号通貨の相場に対し、支配的な規模の大口を保有を
持つ資本グループ)とされています。
 しかしながら、NEM財団は公式にコインチェック社が3億XEM(約330億円:時価)を保有する大口ホルダーであるという
説明をしていますが、実際には後述の説明通りコインチェック社はこのXEMを保有していません。

Japan Exchange COINCHECK purchased 300 million XEM

COINCHECK as one of the major Japanese exchanges in the equity secondary market to buy 300 million XEM, as a key reserve currency, so that NEM 500 account concentration increased by 3.1 percentage points to 70.2%.

 また、当初は「17歳の女性ハッカー」の存在や、追跡プログラムの構築で2時間以内に今回の巨額盗難は解決すると
見込んでいたNEM財団からの発表をよそに、コインチェック社から盗まれたとされるNEMは犯人の特定ができない
状態のまま膠着状態になっています。

 常識的に考えて、NEMの技術を使い盗難に関与したウォレットの特定をし、そこからどこにNEMを出したかまでは
追跡できたとしても、匿名化された通信を突破して盗んだハッカーを特定するところまではなかなか辿り着きません。
また、先方が組織的なバックグラウンドを持っていたときこの追跡者自身が非常に危険な状態に晒される危険性は否定できません。

◆ コインチェック社の原点、「仮想通貨で原野商法」とは

 コインチェック社が、このNEMとともに「Litecoin」「DASH」などの仮想通貨を扱い始めると発表されたのは、
2017年4月19日とされています。実際に顧客UIに取り扱いの表示がなされ売買が可能になったのは4月20日未明と見られますが、
実際には、口座を開設している投資家・消費者からの「NEM買い注文」をコインチェック社は購入していませんでした。

コインチェック公式Twitter(17/4/19)

 しかしながら、思い出していただきたいのは「コインチェック社のホットウォレットから流出したNEM/XEMは
追跡可能である」という点です。ということは、コインチェック社が購入したNEM/XEMもまた、確認できるということです。

続く

Yahoo!ニュース/山本一郎 | 個人投資家・作家
1/30(火) 0:37
https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20180130-00081027/

28: 竹■忍法帖【Lv=4,しびれくらげ,Jwu】
>>1
落ち着いて考えてみると
銀行だってありもしない金を貸してるけどな。

2: ■忍法帖【Lv=17,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb
続き

 同時に、コインチェック社は金融庁にも説明している通り、ビットコイン(BTC)取引以外で使っているウォレットは
ひとつしかありません。つまり、流出したウォレットのアドレスを辿れば、彼らがいつ、いくらNEM/XEMを
Poloniexから購入したのかがトレースできます。
それ以外の海外取引所からの暗号通貨の導入をコインチェック社は行っていないと見られ、NEM財団自体が
コインチェック社の保有するNEMはPoloniexから購入しているものであることは認めているので、そのNEM購入の
履歴を見ると状況が分かるはずです。

 NEM/XEMの購入履歴を追跡してみると、コインチェック社のウォレットに初めてNEM/XEMが移動したのは
2か月が経過した17年6月12日です。取引が開始されていたにもかかわらず、それまでコインチェック社は顧客に
引き渡すためのNEMを入手したエビデンスが見当たりません。
4月に売買開始したはずのNEMが初めてコインチェック社のウォレットに紐づけられたのは6月12日。
それより前に、PoloniexからのNEM取引は見当たらないように見える

 結論から言えば、17年4月19日から日本の顧客に向けてNEMの取り扱いを開始したとアナウンスしてるのですが、
実際に海外取引所PoloniexからNEM/XEMを購入したのは17年6月12日です。

 それまでの2か月間、顧客からの買い注文通りにPoloniexと取引されておらず、顧客にも引き渡されていないことになります。
仮に実際に買い注文がPoloniexに入り、Poloniexの「コインチェック社の預かり口座」にNEM/XEMが留め置かれていたとしても
(確認が取れずその可能性は低いですが)、コインチェック社のウォレットに移ったのは17年6月12日が最初ですから、
いずれにせよ、NEM/XEMの買い注文を入れた顧客には引き渡されません。

 NEM/XEMに紐づけられているコインチェック社のウォレット「nbzmqo-7zpbyn-bdur7f-75maka-2s3dhd-cifg77-5n3d

Nc3bi3-dnmr2p-geoomp-2nkxqg-sakms7-gyrkva-5csz」以外での取引があった可能性は存在しますが、
そうであるならば金融庁・関東財務局に提出した暗号通貨の管理台帳以外に海外取引所との取引があったことになり、
コインチェック社に二重帳簿が存在することになります。

 また、コインチェック社は顧客からの預かり口座と、自社で運用する自己勘定用の口座が分別されておらず、
そもそも資金決済法上の口座の分別管理が行われていなかったと見られます。そして、コインチェック社がPoloniexから
買ったはずの3億XEMも不正流出とともにウォレットから消えています。複数口座やウォレットがあるのであれば、
今回の流出で「ひとつのホットウォレットに顧客資産も自己勘定資産も置いていたため、ほぼすべてのNEMが流出した」と
いうコインチェック社の金融庁、警視庁への報告も嘘だということになってしまいます。

 記者会見や当局への報告内容を総合すると、コインチェック社は顧客からのNEMを買う注文を受け付ける4月19日から6月12日まで
NEMを自社のウォレットで保有していないことが確定的となります。

続く

3: ■忍法帖【Lv=17,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb
続き

 つまり、コインチェック社は:

仕入れていないNEM/XEMを、ユーザーに対して販売していた
疑いが極めて強くなります。
 ない商品を売り、対価を受け取る仕組みは、ある種の「原野商法」に近いものと言えます。
「この原っぱは再開発される地域に近いので、値上がり確実ですよ」と宣伝して消費者の射幸心を煽り、
本来価値の無いものや存在しないものを売るビジネスを疑わせるには充分なものがあります。(中略)

◆ なぜコインチェック社は、ただの取引所なのに高収益だったのか

 仕入れていないはずのNEM/XEMを、値上がり期待した顧客の買い注文に応じて売るためには、このコインチェック社の
システム上の「顧客口座での預かり資産」をコインチェック社の中だけでいじることで成立させていたと見られます。

 逆に言えば、コインチェック社はこれらの暗号通貨を「顧客預かり資産」にしなければならず、
本質的に仮想通貨交換業者だけでなく、資金決済法上の供託の義務(消費者保護を目的として、会社の資金繰り
口座と顧客管理の口座を分け、資産を保全する処置)を取らなければなりません。
 しかしながら、コインチェック社は顧客からの注文に対して売買価格の8%から10%の手数料(スプレッド)を取っています。
また、これらの売買の参照価格は元売りになっている海外取引所(Poloniex)からの価格情報を参照しており、
コインチェック社は仕入れをしないまま2か月にわたって架空の売買を自社板で顧客に対して事業として行い、
高い収益を上げて急成長していた疑いが強いことは前述の通りです。

 これらの仮想通貨売買は相当の顧客資産が膨らんでからでないとコインチェック社は現物の暗号通貨の仕入れを
行わない仕組みになっているようで、仮想通貨市場が盛り上がり売買高が上がれば上がるほど、
またスプレッドが競争に晒されているBTC以外のマイナーな暗号通貨(この場合、NEXなど)を取り扱えば扱うほど、
安い価格で仕込みたい顧客のニーズに応える形で収益化が可能になります。
また、このノミ行為が疑われる期間は、当然現物の暗号通貨はコインチェック社のウォレットに入っておりませんので、
顧客は資産保全のために自分の買ったはずの暗号通貨を引き出しコールドウォレットなどに入れることができません。
実際に、「現物を引き出せない暗号通貨」が堂々とコインチェック社のサイトに記載されており、
相当なクレームが入っていたものと見られます。利用者からも特定の暗号通貨から出金ができないという書き込みがある状態でした。

 つまり、定番のBTCなどは既存の大手取引所との競争が発生してスプレッドが取りづらい反面、
これから盛り上がると期待されるマイナーな暗号通貨は大きな値上がりを期待する消費者に支えられるため、
広告宣伝をして煽るほどに高いスプレッドでも許される高収益ビジネスに化けるのです。
一獲千金を狙いたい消費者は、すでに多くの参入者の入っているBTCではなく、得体のしれない無価値に等しい
NEMなどのアルトコイン各種を高率の手数料を支払ってでも「大人買い」することが合理的な相場環境だったと言えます。

 取り扱う雑多なBTC以外のアルトコインはどんどん増えますが、その中には匿名性の高いコインも含まれ、
ここの取引は今回金融庁が指摘するように犯罪収益の移転などマネーロンダリングに使われる危険性が極めて
強いということで問題視されることになりました。(以下略)

全文は以下からどうぞ!!
https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20180130-00081027/

4: 名無しさん@おーぷん
3月まで正式な業者として登録できる見通しがないのに広告で煽ってたんか

7: 名無しさん@おーぷん
>>4
そこがポイント。
つまりは、この3月に廃業に追い込まれる可能性があるのに、金集めだけしてドロンするつもりだったと疑われてもしょうがない。
出川哲朗は、良い皮の面だよなw

しかし、実際に保有していない仮想通貨を売るなんて、完全に詐欺だろうに。
未だに入金をさせている金融庁も如何なものか。

5: 名無しさん@おーぷん
やっぱ豊田商事だったw

6: 名無しさん@おーぷん
社長の顔つきは、支那系の顔つきだな。
犬HKのパヨク女アナは「いまがチャンス」みたいに射幸心を煽ってたし。

8: 名無しさん@おーぷん
ネットも介した悪徳商法といったところだね

9: 名無しさん@おーぷん
何千億も集めて自分の金も客の金も財布が一緒ってのは想像を絶するな
会見見たけど社長もなんだかあんまり分かってないようで恐ろしかった

11: 名無しさん@おーぷん
>>10
ちょっと貼るの早まったかな。
上記のURLは、偽装の可能性も有りですね。

12: 名無しさん@おーぷん
まじで豊田商事だな
仮想通貨自体、豊田商事がやってるのと同じようなもんなんだよな

13: 名無しさん@おーぷん
補償はするとか言ってたようだな

下落後の価格で

つまり

14: 名無しさん@おーぷん
詐欺事件やん

15: 名無しさん@おーぷん
北ヤーコの窓口だったかな

16: 名無しさん@おーぷん
火葬通過の送り人「兄さんは(以下略)」

17: 名無しさん@おーぷん
                      クルッ
.                     ハ,,ハ    ミ  _ ドスッ
     /1べ:;:;:r─‐-!        ( ゚ω゚ )彡―─┴┴─―
.    /iィ.:.:.:.:ヾ|断だ!\       /   つ  お断りし /      ハ,,ハ
   /ヘ レj_.:.:.lるが!  \   ~′ /´ └―─┬/       ( ゚ω゚ ) お断りします
.  /.:`ソ =三_`y‐i:!    \   ∪ ∪      /        /    \
 /.:::i゛:.. `ヾニノ  j!      .\         /       ((⊂  )   ノ\つ))
./;;i::rミ、    ;:’  ‘!       . \∧∧∧∧/             (_⌒ヽ
丶iゝ``’   ,:’  ,t’!         <     お >           ヽ ヘ }
   ` 丶 、 /rj!        < の し 断 >      ε≡Ξ ノノ `J
────────────< 予 ま わ >────────────
         ハ,,ハ  お断り<. 感 す り >         ______
        ( ゚ω゚ )  します<. !!      >        /   ./お だ ,!
       __〃`ヽ 〈_      /∨∨∨∨\        /   ! 断 が,!
   γ´⌒´--ヾvーヽ⌒ヽ /お断りします \      / ,ハ,,ハ ! り  ,!
  /⌒  ィ    `i´  ); /.      ハ,,ハ     \   /( ゚ω゚ )`ー‐,!
  /    ノ^ 、___¥__ /       ( ゚ω゚ )     \  `ヽ、   \_,!
  !  ,,,ノ爻\_ _人 /        .(| y |)       \    `ヽ、ノ\,!

18: 名無しさん@おーぷん
全文読んで理解できない箇所もあったけど
つまりまっくろくろすけ出ておいで~状態なんだな

19: 名無しさん@おーぷん
豊田商事の社長の運命を辿りそうで怖いなw

20: 名無しさん@おーぷん
>>19
社長の焼き土下座で火葬通過ですわ

21: 名無しさん@おーぷん
大暴落で仮想通貨そのものが終わりそうだ

22: 名無しさん@おーぷん
マウントゴックスと同じ道を辿るのかな。
今回は、徹底的に締め上げて、逃げ得を許してはいかんよ。

23: 名無しさん@おーぷん
詐欺事件となれば
掘られた経歴や幹部や社員連中の画像も拡散されて逃げ場はなくなるなー
海外逃亡されない様に身柄拘束した方がいいかもね
合法非合法問わずw

25: 名無しさん@おーぷん
メシウマ

26: 名無しさん@おーぷん
有識者曰く
仮想通貨は投資ではなく、投機だと
小豆相場と同じで素人が何の知識もなく片手間で手を出して良いものではないらしい

27: 名無しさん@おーぷん
NEMの信用と投資家の資産飛ばしたんだから全員沈められても足りないだろなw

31: 名無しさん@おーぷん
>>27
追跡出来ても取り返せないなら意味がない
あと犯人が盗んだコインを市場にばら撒き始めたら面倒な事になりそう

29: 名無しさん@おーぷん
これでもなんの法にも触れないのかね
円天や安愚楽は一応モノはあったし・・・

30: 名無しさん@おーぷん
>>29
この手の詐欺(もどき)に対して、新たな法整備が望まれるね。

32: 名無しさん@おーぷん
ベルギーダイヤモンドが豊田商事やったな

33: 名無しさん@おーぷん
とすると、流出事件は内部犯行というか
組織ぐるみでの詐欺の可能性もありそうだな

34: 名無しさん@おーぷん
無いものを売るって商売不味いだろ。絶対に大問題になる。だいたい多くの利用者が換金希望したら直ぐに破綻する危うい

37: 名無しさん@おーぷん
この手の詐欺もどきは徹底的に追求し、廃人になるまで追い込むべき

38: 名無しさん@おーぷん
460億の資金がほんとうにあるなら、
国税が把握しているはずで、金融庁でもすぐにわかるはず。

返します、お金あります、なあんてのは、破産手続きが完了するまでの、
時間稼ぎのデマカセだろうな。

39: 名無しさん@おーぷん
立ち入り検査の結果はいつ頃出る?

40: 名無しさん@おーぷん
表面だけ取り繕って、価格をはねあげた
仮装通貨に現金の貸そう通貨

41: ケサラン◆S2oy0h69ilgz
円天の記憶を持たない人たちが引っかかってるのか
それとも日本人じゃ無いのか

ま、高みの見物
ギャンブルの才能皆無だし、他人事

42: 名無しさん@おーぷん
どのような配分でどのくらい資産があるのか気になるのね
たとえば、保有するコインや外貨で円弁済しようとしてたのではないかとか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL